こんにちは。たんさんです。

今日は11月20日(火)。AM5:30現在の軽井沢の天気は曇り、気温は0℃です。

今回は、柴犬と北陸の旅シリーズ『丸岡藩砲台跡。幕末の遺構でペットとお散歩』を、お伝えしたいと思います。

***

↓↓↓前回の記事がまだの方はコチラもぜひ

『金澤わおん、食事編』ペットと泊まる宿~柴犬と北陸の旅2日目③~

スポンサーリンク

丸岡藩砲台跡

金澤のお宿で、満足の朝食を戴いたのちは、福井県へ移動です。

少しだけ北陸自動車道を走ったのちに、通りかかった道沿いにある、こちらに立ち寄りました。

「丸岡藩砲台跡」です。

・・・今回は、旅シリーズの中でも、ちょっと、渋めのスポットですが、、、

まぁ正直言って、ポチのお散歩をかねての立ち寄りですからね!

せっかくなので、見学してまいります!!

意外に、旅先でのこんな立ち寄りが、良い経験になったりするんですよね☆

波打ち際

では、実際に砲台跡へ向かいましょう。

この日は、少し残念ながら、ちょっとどんよりとした空模様ですね。

それでもポチ連れには、雨が落ちてきていないだけラッキーなもの。

雨では、お散歩も、移動中のおトイレも、ままなりません。

岩場にが、ザバァーン、ザバァーンと押し寄せます。

旅情を盛りあげる、荒波の日本海です。

スポンサーリンク

いよいよ砲台跡へ。

しばらく歩くといよいよ砲台跡が見えて来ます。

そんなに距離があるわけでもなく、どなたでも気軽に立ち寄りが出来るのではと思います。

↓↓↓左がわにちょびっと見える、土塁石積みが砲台跡です。

↓↓↓まわり込むと、石垣が人工物であることが良くわかりますね。

砲台は、旧丸岡藩が沿岸警備のため、坂井市三国町梶の東方に突出した海岸部に建設したものです。

海側は土砂で築き、内面と側面は石を積み上げ作られています。

銘文によると嘉永5年(1852)2月、高島秋帆の門人と伝えられる栗原源左衛門の設計で築造。

そして、現存する遺構は、北面して弓形を呈し5つの砲眼を開く東西33m、高さ1.8mの胸墻(※)を主体としています。

※胸墻(きょうしょう):敵の射撃をよけて、味方の射撃のために土を胸の高さほどに積み上げたもの

***

↓↓↓全体を見渡すと、このように砲台跡であることが良くわかります。

やはり幕末というのは何か感慨深いものがあります。

あ、そうです。写真には居ませんが、ポチも散歩してリフレッシュできましたよ。

ペットの休憩がてら寄ってみるのも良いかもしれません。

動画

ご紹介している動画がありましたので、こちらもあわせてご連絡ください。

↓↓↓旅はさらに続きます。

<リンク:準備中>

スポンサーリンク

あなたにお勧めの記事