こんにちは。たんさんです。

2017年3月5日~8日(3泊4日)にて、3月のパウダースノーを求めて北海道富良野へ向かうのでした。

3月の北海道って!?パウダー滑走はあるのか?不安と期待に胸を弾ませ、単身北海道へ向かうのでした。

ちなみに今日は10月15日(日)、AM6:00現在の軽井沢の天気は雨、あいかわらず天気がすっきりしません。

スポンサーリンク

↓↓↓記事リンクをご覧くださいませ

まずは『旅行日程』を確認です。

去年12月の初旬に富良野へ訪れました。

その時は12月でありながら、しかも12月の初めだったにもかかわらず、奇跡のパウダーに出会うことができました。

滑走前日までには雪不足で山麓までの滑走も??の状態だったのにです。

実際、前回帰宅する日には、もう山麓付近は土も多々見え始め、再び雪が降るまでの数日間は山麓までの滑走は不可能でした。

そして、今回の日程は・・・

北海道再び。富良野プリンススキー場。実質無料の旅&宿泊【旅程編】

荷物の発送はコレ!そして出発です!!

以前にも書きましたが、北海道など遠隔地の場合は自家用車移動でなければ宅配便で荷物を送ってしまうのがお勧めです。

費用対効果を考えると、5000円足らずで、スキー板2セットと、スキー靴、ヘルメット、スキーウェア、さらにはもろもろ小物を含めて、長野から北海道まで往復してくれるなんて、とっても有り難いサービスです。

北海道再び。富良野スキー場へ実質無料の旅【荷物発送~ホテル到着】

初日の滑走へ

ホテルに到着し、チェックイン少しまえの時間でしたので、残念ながらまだ部屋は使えませんでした。

できれば、スキー往復宅急便で送っていた巨大荷物を運んでしまって、部屋で着替えたりしたかったのですが仕方がありません。

クロークで巨大荷物を受け取り、取り急ぎ滑走に使用するスキー板×1、ヘルメット、スキーウェアなどを取り出して、着替え、そして巨大荷物をクロークに返却します。

富良野スキー場パウダースノー。実質無料の旅。温泉も【滑走1日目】

富良野ロープウェイからのダウンヒル

一泊目は、ANA旅作ツアーではなく、個別予約(プリンスクラブ宿泊券)なのでプリンスパン工房で朝食用のパンを購入します。

パン工房はAM7:00から空いていたので、焼き立ての美味しいパンをいただくことが出来ました。

ホテルのモーニングビュッフェももちろん美味ですが、正直食べ過ぎ感も出てしまいます。(美味しすぎて、どうしてもセーブできず・・・)

富良野スキー場パウダースノーは最高!実質無料の旅【滑走2日目①】

初、プレミアムZONE☆彡

富良野エリアから北の峰ゾーンへ到着後、北の峰ターミナル2Fのレストランシェールで小休憩をしておりました。

そんなとき、ふと、気が付くと、この日の富良野スキー場公式フェイスブックが更新されています。

富良野スキー場プレミアムパウダースノー実質無料旅【滑走2日目②】

スポンサーリンク

3日目も、プレミアムパウダー@プレミアムZONE☆彡

3日目は、評判の良い新富良野プリンスホテルのビュッフェで朝食を戴きます。

前日はプリンスポイントでの宿泊だったのでルームチャージのみですが、ANA旅作のプランは、朝食付きの宿泊プランです。

富良野スキー場。プレミアムゾーンは天国か楽園か【滑走3日目①】

北の峰エリアも召し上がれ

『プレミアムゾーン』でのプレミアムパウダー☆彡の興奮は収まりませんが、時間限定の開放ですので、この日はもうCLOSE。

雪崩による災害や危険を防ぐためですから、こればかりは仕方がありません。

でもでも、北の峰エリアには『プレミアムゾーン』以外にも、まだまだ、たくさんたくさん魅力的なエリアがありますので、ご紹介していきたいと思います。

富良野スキー場。北の峰フリコ沢へ。自衛隊も訓練中【滑走3日目②】

最終日のラストパウダー。ラストプレミアムZONE☆彡

前日もかなりの身体的疲れが溜まっている感がありました。まぁいい歳なんでね・・・

そのため、極楽の60分のマッサージと、じっくり温泉療養に努めたのでした。

さて、、、結果、朝起きてどうか?

北海道富良野スキー。最終日の滑走!ANA旅作で行く実質無料♪の旅

帰宅の途へ(北海道から軽井沢へ)

大満足☆、感無量!の滑走を終えまして、そろそろ帰宅の途につく準備です。

余りの満足感の高さにもう思い残すことはありません!!もちろん、いつまでも滑って居たいですけどね。

そして、前編で「取りあえず簡単に荷物を整え、ある手続きをフロントで済ませ」と書きました。

その内容は・・・・

北海道富良野スキー。ANA旅作で行く実質無料の旅♪~帰宅の途へ~

スポンサーリンク

あなたにお勧めの記事