こんにちは。たんさんです。

今日は10月7日(土)AM5:00現在の軽井沢の天気は雨、気温は12℃、午前中には雨は止む予報です。

今回は、3月5日に出発した富良野スキーツアー2017について【荷物発送~ホテル到着】までをお伝えしたいと思います。

昨日から何とイエティもOPENして、いよいよ2017/18シーズン到来です!

わたくしめも滑走する日を待ち望んでソワソワしております。

スポンサーリンク

荷物を持ち運ぶなんて・・・宅配便で発送がお勧め!

以前にも書きましたが、北海道など遠隔地の場合は自家用車移動でなければ宅配便で荷物を送ってしまうのがお勧めです。

費用対効果を考えると、5000円足らずで、スキー板2セットと、スキー靴ヘルメットスキーウェア、さらにはもろもろ小物を含めて、長野から北海道まで往復してくれるなんて、とっても有り難いサービスです。

前回に引き続き、もちろん荷物はこいつでほとんど発送し、出発当日は小さいバックパック一つの身軽さで出かけました。

軽井沢からの移動だと、

自宅 ⇒ 自家用車 ⇒ 北陸新幹線 ⇒ 山手線 ⇒ 東京モノレール ⇒ 羽田空港

となりまして、結構大きな荷物を運んでいると・・・

かったるい感じなんですよね。

とくに、スキー板2セット他をオールインワンケースに入れて引きずっての移動などはとても考えられません。

かさばる荷物は宅配便で荷物を送ってしまう、これがお勧めです。

現地到着までに疲れてしまっては、しょうがないですからね。

初日の日程

さて、今回初日の予定はこんな感じ。

日曜日で朝出発ですので、富良野への到着予定は15時前。

トップシーズンの富良野スキー場は、ナイターも毎日やっていますので、到着したのちに十分滑走が可能な日程です。

旅程 ご利用日 お申し込み内容 ご利用数 予約状況
1日目 3月5日(日) ANA057(羽田-千歳) 09:30-11:05 普通席  1名 予約確定

xxx
新千歳空港→富良野(805便)北海道リゾートライナー ※乗降車場所を選択してください 1名※45分以上飛行機との接続時間をお取りください。プラン詳細・ご注意
【出発地】 新千歳空港 (12:05発)
【到着地】 新富良野プリンスホテル (14:20着)
1名 予約確定
個人

予約


施設詳細
富良野プリンスホテル 禁煙 洋室(1-3名)  ツインまたはダブル1名1室利用(禁煙)

0167-22-1111

北海道富良野市中御料

1室 予約確定

羽田を出発

先ほどご紹介のとおり、軽井沢から、、、

自宅 ⇒ 自家用車 ⇒ 北陸新幹線 ⇒ 山手線 ⇒ 東京モノレール ⇒ 羽田空港

と、移動しまして、、、ANA057便は、定刻通りに羽田を出発しました。

新千歳空港までは1時間半ほどのフライト、雲海を眺めながらゆったりと進む景色は良いもんです。(実際は速いんですけどね)

この日は日曜であったせいか、比較的機内も空いていた、といかガラガラだったので快適に過ごすことが出来ました。

もし、土曜日出発だと、移動する人も多いのでこうはいかないんですよね。

パウダー滑走をイメトレしたり、ピステンに思いを馳せたり、そうこうしている間に、ANA057便は北海道新千歳空港に着陸です。

新千歳空港

空港では、少し時間があります。

旅行プランの取り決めで『飛行機⇒バス』への乗り継ぎ時間を、45分以上とらないといけません。

ですから、少し空港内を徘徊します。

新千歳空港、さすがは北海道の空の玄関口、とてもとても広いです!

多くの飲食店や土産店、更にはホテルや日帰り温泉、映画館、ドラえもんのテーマパーク?などもあり、地元の方などは飛行機に乗らずとも訪れる方も多くいらっしゃるようです。

お土産買うだけ、なんて、ただの通過点にしておくには勿体ないクオリティですので、是非とも時間の許す限りまわってみると良いでしょう。

わたくしめも、北海道海の幸を堪能して、買い物を済ませました。

新千歳空港ターミナルビル

スポンサーリンク

北海道リゾートライナー

新千歳空港から新富良野プリンスホテル(富良野スキー場)へは、北海道リゾートライナーのバスを利用します。

今回はちゃんとした大型バス!お客さんも一杯です。

前回の閑散とした状況もあったので、なにかちょっと嬉しい感じもしました。

↓↓↓12月初旬の初滑り行の様子です。このときはバスではなく・・・

北海道スキーへ出発、問題?~2016/17北海道スキー初滑り編~

リゾートライナーは、一路富良野へと向かいます。

途中、占冠(しむかっぷ)の道の駅での休憩をはさみ、2時間と少しで新富良野プリンスホテルへ到着。

目の前は、富良野スキー場のゲレンデです!

自宅を出発して、7.5時間ほどの工程でしたが、軽装だったせいか、さして疲れは感じなかったのが幸いです。

やはり、かさばる荷物は宅配便で荷物を送ってしまう、これがお勧めです。

初日の滑走へ

ホテルに到着すると早速フロントでチェックインを済ませました。

プリンスカードもあるので、チェックインもスムーズ、2度目の新富良野プリンスホテルですから、もう慣れたものですよ。

西武プリンスカード。スキー場・ホテル会員特典、割引、ポイントも!

ただ、、、まだ14時なので部屋が使用できず、チェックインが出来ません。

14時なら部屋使えたりすっかなぁーと思ったんですが、前日土曜日なので満室だったよう。

チェックイン定刻の15時にならないと部屋は使えないようです。

んー、目の前にはゲレンデもあるし、荷物はクロークかぁ・・・・(続く)

富良野動画

北海道富良野への道程、滑走の様子などをUPされている方がいらっしゃいましたので、ご紹介しますー。

↓↓↓北の国から』ファンの方にお勧め。後半に、雪子おばさんが・・。

↓↓↓それ以外の方には富良野エリア滑走動画を。

 

↓↓↓滑走1日目はこちら!

富良野スキー場パウダースノー。実質無料の旅。温泉も【滑走1日目】

スポンサーリンク

あなたにお勧めの記事