こんにちは。たんさんです。

今日は10月8日(日)。AM6:00現在の軽井沢の天気はくもり、気温は12℃、3連休中日、秋晴れ予報の軽井沢です。

今回は、3月5日に出発した富良野スキーツアー2017について【滑走1日目】をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

初日の滑走は?

ホテルに到着し、チェックイン少しまえの時間でしたので、残念ながらまだ部屋は使えませんでした。

できれば、スキー往復宅急便で送っていた巨大荷物を運んでしまって、部屋で着替えたりしたかったのですが仕方がありません。

クロークで巨大荷物を受け取り、取り急ぎ滑走に使用するスキー板×1、ヘルメット、スキーウェアなどを取り出して、着替え、そして巨大荷物をクロークに返却します。

んー、ちょっとの持ち運びですが、巨大荷物、ちょっと難儀しました。

やはりこんな巨大荷物持ち歩いて、軽井沢⇒東京⇒北海道の大移動なんてしなくてよかったです。

改めて、宅急便さんありがとうございます!

いざゲレンデへ

さて、なんとか滑走できる状態まで持っていきましたので、さっそくゲレンデへ向かいます。

初めて、スキーロッカーからのゲレンデ出口経由での、スキー場入りです。

(12月初旬に訪れた際は、まだ雪が少なく、ホテルの方が送迎バスでロープウェイ山麓駅まで送って行ってくれました。)

なるほど、当たり前ですが、スキー場直営のプリンスホテル、便利な動線になってます。

富良野ロープウェイ

さて、ちょいとスケーティングでウォームアップしながらロープウェイ山麓駅へ向かい、列に並びます。

もう、夕方でもあったので、混雑というほどでもありませんが、それでも日曜日ですのでそれなりの人は居て、ロープウェイはほぼ満員乗車です。

富良野ロープウェイ、、、、あぁ~この感じ、ススぅーと音も静かぁ~に、動き出して加速していく感覚が何とも言えません!もう、これだけでも感涙です。

やっぱり最高!

ロープウェイ山頂に着くと、すぐに滑走へ。

ザイラーコース上部の初級コースで足慣らしです。

いややっぱり、良いですな!

さらっさらパウダー!雪が軽い!!景色綺麗!!

夕方なので、少しコースは荒れてはいますが、それでも・・・いやぁー、最高です!

公式フェイスブックによると

ちなみにこの日の公式FBコメントは、

「お待たせしました~!!ロープウェー山頂で42㎝積もりました!!気温は-11℃。

煙を上げてお客様の歓喜の声がゲレンデに響き渡っております\(^o^)/」

と!

あぁぁー、1日遅かったかぁぁぁ~~

でも、それでも、ロープウェイ回し4セットで、まずは充実の足慣らしでした。

ゲレ夕食

富良野ロープウェイ乗り場横のラーメンコーナーで戴きました。

少し遅めの時間までやっていたので、ナイター滑走の少し前までこちらが営業しているのは調査済み。

いわゆるプリンス系スキー場のラーメンです。

冷えた身体に浸みわたる味ですな。

スポンサーリンク

ナイター突入

さて、夕食を戴いて満足してホテルへ帰るわけにはいきません。

富良野の魅力は、ナイターにも詰まっているからです!

ナイター営業は?

富良野スキー場(富良野エリア)のナイター営業はリフト1-2本ですが、、、

富良野ダウンヒル第1高速リフトは、第1高速リフト全長1,944m、標高差436mが利用可能なのです!

標高差436mあれば、もう、普通のスキー場一個分。

そんなのがナイターで滑走可能なんて、、、、

時間の無い旅でも、有効に時間を使い滑走できて、余りに素敵すぎます!

いざ、滑走(冷えにご注意!)

リフト、コースともに、ナイターでも満足の内容です。

リフトは速いですし、コース長も十分!

ただ、日曜日の人の多さ&この日朝までの新雪の影響か、コースの荒れで脚への負担があります。

翌日以降に備え、数本滑って早々に引き上げました。

富良野ダウンヒル第1高速リフトはフード付き、でも、でも、それでもかなり冷え込みますので、皆さま防寒対策は十分にどうぞ。

フードが無かったら死亡レベルの寒さですよぉ・・。

明日に備えて

ホテルに戻り、荷物の整理をします。今度はスキーロッカーも使えますのでやっと整理がつきます。

さて、冷えた身体にはやっぱり温泉です!

今回もプランでは、滞在中は温泉入り放題。

早速、温泉へ向かいます。

富良野温泉 泉質

ナトリウム・カルシウム-塩化物泉(アルカリ性等張性低温泉)

富良野温泉 効能

神経痛、筋肉痛、関節痛、運動麻痺、疲労回復など

湯船は?

広ーい内湯と、露天風呂があります。

内湯からは、富良野ダウンヒル第1高速リフト乗り場が真横、リフトを感じてその日の滑りを思い出しながら、ゆったりと暖まることが出来ます。

サウナ(フィンランド式オールドパインサウナ)

北米の民家で使用されていたオールドパイン材を使用しているそうです。

パインは、サウナの熱を取り込み、再び均一に熱を放射する特性をもち 空気がまろやかとなりサウナには最適だそうです。

熱せられたサウナストーンに自動的に水をかけるタイプで、より発汗作用があり新陳代謝が促進されますねー。

↓↓↓温泉公式HP

富良野温泉「紫彩の湯」(しさいのゆ)

↓↓↓2日目はこちら!

富良野スキー場パウダースノーは最高!実質無料の旅【滑走2日目①】

スポンサーリンク

あなたにお勧めの記事