こんにちは。たんさんです。

今日は9月11日(月)AM5:30現在の軽井沢の天気は曇り、気温は15℃、今日は曇天の軽井沢です。

今回は、前回に引き続き年末年始も終わり、少し静かな軽井沢プリンスホテルスキー場のトップシーズンについて記したいと思います。

↓↓↓まだの方はコチラから

軽井沢スキー場。平日まったり。休日も混雑そこそこ。1月のカルスキ

スポンサーリンク

旧レストラン『アリエスカ』

アリエスカコースの下、アリエスカリフト乗り場横には、もともとレストラン『アリエスカ』として営業していた建物(=現無料休憩所)があります。

ほかのレストランや休憩施設よりもキャパシティもありますし、混雑はゆるやかですので、覚えておくと便利です。

水道やお手洗いも利用できますし、ちゃんと暖房もされています。

↓↓↓こちらでさらに無料休憩所の活用について

軽井沢スキー場。混雑時や年末年始のゲレンデ攻略法②レストラン攻略

スラロームバーン

アリエスカリフト降り場から、並行に移動するとスラロームバーンに滑り込むことが出来ます。

スラローンバーンは、距離こそ短いですが斜度もあり、アリエスカコースの繰り返しい飽きたときに、バリエーションの一つとして滑走すると気持ちのよいコースです。

週末稼働のウエスト高速リフト乗り場へ向かえば、混雑も比較的ゆるやかです。

(逆にイースト高速リフトは週末は混雑が激しいのではるべく避けましょう)

また、アリエスカリフトから、日帰りスキーセンター(ウエスト高速リフト・イースト高速リフト経由)へ戻る場合も、こちらのコースになります。

ただし、アリエスカリフト降り場から日帰りスキーセンターへは直接は滑り込めませんので、(イースト高速リフト混雑を避け)一旦ウエスト高速リフトへ向かい、山頂へ登ってから日帰りスキーセンターへ向かいましょう。

端パウ

スラロームバーンのおまけです。

軽井沢は気温は低いですが、豪雪地帯ではないので、冬の間でも雪の降る日は多くはありません。

でも、その『たまに』の降雪時、とくにトップシーズンは、軽いパフパフの粉雪が積もることがあります。

軽井沢プリンスホテルスキー場は、基本的に人工雪のスキーなので、硬いピステン(圧雪バーン)なのですが、その降雪後だけは、コースの端でちょびっとパウダースノーを味わえることがあります。

とくにスラロームバーンは、端っこにパウダーが残っている場合が多いので、パウダー(気分)を満喫出来る場合があります。

ただ、あくまでコース脇といえどもコース外、見えない障害物があるかもしれませんので、滑走には十分注意と自己責任の意識が必要です。

おまけ(軽井沢彫り)

こちらは軽井沢駅にある軽井沢彫り。

明治時代、軽井沢に外国人の別荘が立ち始めたころ、別荘用の家具などに彫られたそうです。

↓↓↓軽井沢駅には、新幹線開業1周年を記念して、大きな木彫りの駅銘が飾られています。

日本をイメージした桜の彫刻などが彫られることが多く、外国人によく好まれたそうです。

現在でも、軽井沢彫りの職人さんに技が受け継がれていると聞きます。

江戸時代宿場として栄えたものの、もともと軽井沢は寒冷な土地で、明治維新から停滞期に入ります。

その時に支えになったのが、明治に入って、避暑に訪れた外国人向けのお仕事だったようです。

スポンサーリンク