こんにちは。たんさんです。

今日は1月18日(木)。AM5:30現在の軽井沢の天気は霧、気温は0℃、もくもく濃い霧の軽井沢の朝です。

今回は「軽井沢に住んでいる」というと、よく聞かれることのあるご質問「軽井沢へスキースノボへ行くならノーマルタイヤで大丈夫ですか?スタッドレスタイヤを着けたり、タイヤチェーンが無いと駄目ですか?」という問題について、考えてみたいと思います。

スポンサーリンク

雪山へ行くときの装備

車でスキーやスノーボードに行くとき、雪道に不安のある方も多いと思います。

それともあなたは、不安に思わずに、大丈夫行ってしまえ!というタイプでしょうか?

あまり不安に思っても仕方ありませんし、無理をして事故など起こしてしまっては楽しい旅行も台無しですね。

スポンサーリンク

豪雪地帯へは・・・

写真のような、こういった豪雪地域、多雪地域まで、スキーやスノーボードに行くときは、、、

車の装備も万全に整えておきたいですね。

(そうでないと心許ないです・・・)

それか、鉄道やバスなど、公共の交通機関で行ってしまったほうが、運転の心配も要らないですし、何より楽です。

運転がなければ、お酒も戴けますし♪

(こちらは軽井沢ではありません)

スポンサーリンク

軽井沢、たとえばこんな道

豪雪なら諦めもつきますが、軽井沢のような「そこまで雪の多くない地域」、「気温は低いが太平洋側で雪のあまり降らない地域」に行くときは、ちょっと迷いもありますよね。

↓↓↓たとえば、このくらい道が白いと普通タイヤだけではちょっと心許ないですね・・・。

↓↓↓このくらいなら行けるでしょうか??

天気は快晴、日向は乾燥路、日陰は凍結です。

不意に足許をすくわれることがなければ良いですが・・・。

↓↓↓ん~、でも、これはハンドルを切ったら、滑ってしまうかもしれません。

↓↓↓こちらはどうでしょうか??

この先には行かないことにするか・・・。

で?結論は??

「雪が多くないだけに、場合によってはノーマルタイヤだけでも結構行けてしまう軽井沢。だからこそ悩ましい」

そんなところが軽井沢へ行くときのタイヤ事情かもしれません。

でも軽井沢の場合、基本的にはスタッドレスタイヤの装着をお勧めします。

上の写真のように、不意に凍結した道があった場合には、チェーン装着できるような場所があればまだ良いですが、対応できない場合もあるからです。

国道は、ぜんぜん雪も無いけど、少し横道に入ったら凍結路だった!!ってことが、冬の軽井沢では良くあります。

そこまできちんと考慮したうえで、どうするか考えましょう!!

軽井沢ライブカメラ

むしろ、越後湯沢などの豪雪地帯でも、少し手前までは雪があまり降らない地域、である場合のほうが「チェーン持参で行く」という選択肢もあるのかなぁと、個人的に思います。

どうぞ安全運転で雪国を楽しみましょう!

スポンサーリンク

あなたにお勧めの記事