【2018/19シーズン滑走32日目その②】

こんにちは。たんさんです。

今日は3月6日(水)。AM5:30現在の軽井沢の天気は曇り、気温は1℃、暖かい朝で昨日降った雪もほとんど消えてしまいました。

今回は「ブランシュたかやまスキーリソート」の滑走の続きをお伝えしたいと思います。

***

↓↓↓前回の記事がまだの方はコチラ!

ブランシュたかやまスキーリゾート。雪質良し!混雑なし!口コミ情報

スポンサーリンク

ブランシュの続き

前回からお届けしております「ブランシュたかやま」

看板を見返して改めて思いましたが、やっぱりここは「スキーリゾート」!

「スノーリゾート」と呼ばれているところも多いですからね。

ここで滑走できるのは、スキーヤーだけの特権です。

改めてスキーヤーOnlyの理由

以前にもご紹介しましたが、これはなるほど!と思っていたので、再掲しますね。

スキー、スノボ、お互いの特徴を理解すると、安全性も増すはずです。

スキーヤーの方は、スノボの方の背中側を通るときはとくに要注意!!

その理由①

滑っている時の見えている範囲、視界が、スキーとスノボで全く違うんです。

スキーは、体を正面に構えて、進行方向へ進みます。ですから、視界は前方方向に約120度開けます。

左右にターンするときもこの視界は常に保たれています。

一方で、スノーボードは、体を横に構えて、顔を進行方向に向けて進みますね。ですから、背中側の視界がとても狭くなり、背中側の視界は約30度、体の正面側の視界は約60度と言われています。

このようにスノーボードはターンをするとき、背中側の視界がとても狭くなってしまうのです。

↓↓↓この位置関係では、スノーボーダーから、スキーヤーは余り見えません。

その理由②

スキーとスノーボードでは、「ターンのリズム」が大きく違うということです。

スキーの小回りに対して、スノーボードは大回り、ターンのリズムが異なることにより、タイミングが悪いと交錯/接触する危険があります。

山頂

さて、山頂までやって来ました。

標高1,807m、山頂にはこんな休憩所が。

なかには椅子と自動販売機がありますので、ほっと一息つくことが出来ます。

スポンサーリンク



山頂からの絶景

もちろん山頂へやって来たのは、休憩する為だけではありません。

山の稜線を超えると、この景色!!!

晴れ渡ったこの日はまさに絶景です!

是非みなさんにもこの景色を肉眼で見ていただきたい!!

↓↓↓こちらは「エコーバレースキー場」とその先に車山方面を望みます。

↓↓↓こちらは「しらかば2IN1」「ロイヤルヒル」方面。

↓↓↓そしてこちらは「白樺高原国際スキー場」を望みます。

山頂に鎮座

景色を見渡していると、ふと気が付くのはこちらのお方。

山頂で、スキーヤーや、登山者の安全を見守る『お地蔵様』です。

お天気の日だけでなく、吹雪の日も人々を見守られています。

そして、、、、良く見ると・・・・

↓↓↓足元にはスキー板が!!

あ~、何とも有り難いお地蔵さまです。

スポンサーリンク



山麓も

さて、こちらは山頂から一気に山を下りて、麓まで来ました。

山麓はまさにキッズパラダイス!!

お子様好みのいろいろなアクティビティーがあります。

↓↓↓リフトからも楽しいお子様たちの姿が。

ゲレンデの上半分は上級者も満足のコースが、下半分はお子様やファミリーも大満足のアクティビティが。

ニーズに合わせて、絶妙なブランシュです。

↓↓↓小腹も空いたのでお昼を済ませます。

もう、ひと滑り

食後にひと滑り。

本当に満足度の高い『ブランシュたかやまスキーリゾート』でした!!

是非、また来訪したいと思います。

スポンサーリンク



あなたにお勧めの記事