こんにちは。たんさんです。

こちらでは『スキーの滑り方』について、初歩から解説していきたいと思います。今回は【ストックの選び方】についてです。

なお、あくまで一介のスキー好きによる解説ですので、違ったご意見など諸説あると思います。

温かく見守って戴けますと幸いです。

スポンサーリンク

はじめに

スキーは道具を使うスポーツです。

スキーが初めての方はもちろん、普段、当然のようになにげなく使っているかもしれませんが、安全のために正しく選んで使っていないといけませんね。

基本を見直して、さらに快適な雪山生活を送りましょう!

ストックの選び方

では、ストックの選び方です。

  1. ストックの下の方についているリングよりも下は、雪の中に入ってしまいますのでその分は考えずに長さを選びます。
  2. そのためには、ストックを逆さにしてリングのすぐ下を持ちます。
  3. 逆さのままストックをついて、まっすぐ二の腕を落としたときに、肘(ひじ)が直角になるよりも少し短めになるくらいがちょうどよいです。

スポンサーリンク

心配な方は・・・

どうしてもしっくり来ない、長さが選びにくい、などの場合は長さ調整の出来るストックを購入しておくのも一案です。

スキーのレベル(上級者・中級者・初級者)によっても、適切なストックの長さは異なりますので、そういった調整や、使い回しも可能です。

そんなに高価でなくとも調整式のストックはあります。

動画による解説

動画によるストックの選び方の解説です。

ちょっとした事ですが、動画で見ると、とてもわかり易いですから是非ご覧くださいね。

(私がみて分かり易かったタナベスポーツさんの動画を引用しています)

↓↓↓次はブーツの選び方ですこちらも基本を確認しておきましょう!

スキーの滑り方【ブーツの選び方(硬さ、幅)】動画ビデオによる解説

スポンサーリンク

あなたにお勧めの記事