こんにちは。たんさんです。

こちらでは『スキーの滑り方』について、初歩から解説してきたいと思います。今回は【スキーブーツの選び方(硬さ、幅)】についてです。

なお、あくまで一介のスキー好きによる解説ですので、違ったご意見など諸説あると思います。

温かく見守って戴けますと幸いです。

スポンサーリンク

 はじめに

スキーは道具を使うスポーツです。

スキーが初めての方はもちろん、普段、当然のようになにげなく使っているかもしれませんが、安全のために正しく選んで使っていないといけませんね。

基本を見直して、さらに快適な雪山生活を送りましょう!

スキーブーツの選び方(硬さ)

では、スキーブーツの選び方(硬さ)の選び方です。

  1. ブーツの硬さは、シェル本体の硬度のことを指していて数値で表されます。
  2. ブーツ自体に表示されていたり、カタログや店頭でも確認できると思います。
  • 初級:50-70
  • 中級:80-100
  • 中上級:100-130
  • 上級:130以上

初級者が、余り硬いものを選んでしまうと適切な姿勢が取れなかったり、扱い切れませんので、このくらいを目安にしましょう。

参考

シェルとは、ブーツの外側の殻の部分です。(インナーブーツを取り出した残りの部分のことですね)

スキーブーツの選び方(幅)

次は、スキーブーツの選び方(ブーツの幅)です。

92-106まで幅があります。

  • スポーツ性重視:95mm前後
  • 中間:100mm前後
  • 快適性重視:105mm前後

スポンサーリンク

ポイント・・・

どうしても上級モデルのスキー道具(=ブーツ)って、格好良く見えますよね。

でも、ご自分のレベルや、志向にあったランクのモデルを選ぶことをお勧めします。

無用に上級者用のものを買うと、扱い切れずに後悔してしまいますよ。

動画による解説

動画によるスキーブーツの選び方(硬さ、幅)の解説です。

ちょっとした事ですが、動画で見ると、とてもわかり易いですから是非ご覧くださいね。

(私がみて分かり易かったタナベスポーツさんの動画を引用しています)

↓↓↓次はブーツの選び方(お店に行く前に知っておきたいこと)です。こちらも基本を確認しておきましょう!

スキーの滑り方【ブーツの選び方(お店に行く前に)】動画ビデオも。

スポンサーリンク

あなたにお勧めの記事