こんにちは。たんさんです。

今日は2月3日(土)。AM7:00現在の軽井沢の天気は晴れ、気温は-5℃です。

今回は、ブログを見た方から頂いたご質問「初めてのスキーで必要な持ち物って何ですか?」について、お答えしたいと思います。

スポンサーリンク

そもそもスキーするのに必要なものは?

まずは「スキーをするために必要なもの」を一通り見てみましょう。

これを全部買わないと始められない、というものでも無いので、まずは安心して見てみてください。

<スキーを滑るのに使う道具>

  • スキー板
  • ストック
  • スキーブーツ(スキー靴)
  • スキーウェア
  • 帽子(ヘルメット)
  • 手袋(グローブ)
  • ゴーグル(サングラス)
  • 靴下
  • インナー

スキー板

これがないと『スキー』というスポーツになりませんね。

長いスキー板、短いスキー板、幅の広いスキー板、色々あります。

ストック

両手にもつ杖のようなもの。登山などでも使用しますね。

フリースタイルスキーなどでストックを使わないこともありますが、初心者には必須です。

スキーブーツ(スキー靴)

スキー専用の靴(=スキーブーツ)を履いて、それをスキー板と固定して滑走します。

スキーウェア

ゲレンデは寒いですから防寒のための上着が必要です。

雪で濡れて浸みてきても不快ですから、防水性があるものでないといけません。

帽子(ヘルメット)

やはり寒さ対策に帽子は必需品です。

心配な方やお子様は、スキー用のヘルメットを被ると安心です。

最近は、安全対策を強調するためにお子様用のヘルメットを無料で貸し出しているスキー場などもあります。

手袋(グローブ)

スキー用の防水、防寒グローブが必要ですね。

ゴーグル(サングラス)

晴れれば日光が雪からの照り返しで眩しいですし、雪が降っても視界を確保しないといけません。

ゴーグルって必要なの?

靴下

スキー専用のものもありますし、冷えない厚手の靴下が必要です。

インナー

暖かく、汗を書いても乾きやすいものを選ぶと良いでしょう。

スポンサーリンク

スキーレンタルって何?どこにあるの?

大抵のスキー場には、スキー場直営のレンタル屋さんがあります。

とくに車の場合はスキーへ行く途中のロードサイドなどにもレンタルショップがありますが、スキー場で借りれば道具を運ぶ手間が無いので便利ですね。

ただ、ロードサイドのレンタルショップは、お値段の設定が安かったり、個人経営で価格交渉が出来る場合もありますよ。

スキーレンタルがお勧め

スキー板

 

ストック

 

スキーブーツ(スキー靴)

 

レンタルでも可(無理にそろえる必要なし)

スキーウェア

スキーが初めての人は、ゲレンデがどんなところで、どのくらい寒いかなどもわかりません。

また、デザインも大切な要素ですから、まずはレンタルで試してみて経験してから、購入するのもお勧めです。

スキーの滑り方【スキーウェアの選び方(男性)】動画ビデオの解説も

スキーの滑り方【スキーウェアの選び方(女性)】動画ビデオの解説も

レンタルしにくい(余り借りたくない?)

直接身につけるものは、レンタルするよりも、買ってしまったほうが良いと思う方も多いと思います。

友人やご家族から借りられるものは、初心者のうちは借りて済ませるという手もありますね。

帽子

 

手袋(グローブ)

 

ゴーグル(サングラス)

 

スキーの滑り方【ゴーグルの必要性】動画ビデオによる解説も。

靴下

 

インナー

 

スポンサーリンク

【まとめ】初めてのスキーでも最低限持っていたほうが良いものは?

いかがでしたでしょうか?

やっぱり悩んじゃうなぁと感じる方は、、、

まずは直接身につけるようなもの、

  • 帽子
  • 手袋(グローブ)
  • ゴーグル(サングラス)
  • 靴下
  • インナー

その後に、実際にスキーに行ってみて、あんなもの欲しい!こんなのも欲しい!!と、思うようになります。

それから、

  • スキー板
  • ストック
  • スキーブーツ(スキー靴)
  • スキーウェア

を揃えてもいいのかなぁと思います。

それでは、スキーライフをお楽しみくださいね!!

スポンサーリンク

あなたにお勧めの記事