こんにちは。たんさんです。

このブログの本題は紛れもなく『雪』ですが、「~たまに旅。まれに仕事~」との副題の通り、ときどき雪以外の話題もお贈りしております。

と、いう訳で、今回は軽井沢近辺の温泉について記したいと思います。

雪と戯れたあとの温泉は格別ですからね。

ちなみに今日は、9月13日(水)。AM6:30の軽井沢の気温は16℃、秋晴れの軽井沢です。

スポンサーリンク

みはらしの湯(平尾温泉)

こちらは軽井沢から少し離れ、上信越自動車道の佐久平PAと同じところにあります。

『佐久スキーガーデンパラダの横』と言えばスキー好きにはわかり易いかもしれません。

軽井沢からは、下道でも車で30分程度。

峠道もなく到着できますので、軽井沢町内の温泉が込み合う時期には良く通う場所です。

↓↓↓眺め。佐久平PAの山の上にあります。

駐車場から案内に沿っていくと温泉があります。

↓↓↓進んでいくと・・・。

こちらは2016年にOPENした新しい温泉施設です。

運営は、人工降雪機でおなじみの樫山工業。

『kashiyama』の文字をスキー場でみることも多いです。

↓↓↓こちら入口です。

スポンサーリンク

施設は?

こちらはただ温泉だけ、という施設ではなく、岩盤浴やボディケアを受けられる施設があります。

温泉

屋内に、白湯、炭酸風呂、変わり湯、水風呂、サウナがあり、、、

さらに、露天風呂で、岩風呂、天然温泉、壺風呂があります。

岩盤浴

『塩(えん)』『楽(らく)』『涼(りょう)』の3つの趣の異なった岩盤浴があります。

さらに、岩盤浴利用者が入れるリラクゼーションスペースが併設されています。

癒し処

フットケア、ボディケア、アロマケア、スポーツケア、タイ古式ケア、などメニューが豊富です。

モーグル現役選手のオーナー様と、元プロ野球選手トレーナーの方が研究して打ち出した手技で、気持ちよく更に効かせる施術内容なんだそうです。

その他

あとは、スポーツジムのようなトレーニングルームなども設置されています。

また、レストランなどもありますが、こちらはあとで触れますね。

泉質は?

泉質は、ナトリウム―塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉(低張性・中性・冷鉱泉)。

きりきず、抹消循環障害、冷え性、うつ状態、皮膚乾燥症に効果があるそうです。

ただし、こちらで温泉なのは露天風呂の一部、天然露天風呂のみですのでご注意下さい。(どうも湯量に限りがありそのようになっているとか)

屋根の着いた岩風呂が温泉の目印です。

温泉は、ちょびっとしょっぱい味がします。

レストランなど

こちらにはレストランも併設されています。

わたくしめはまだ行ったことはないのですが、信州のお蕎麦などが戴けるようです。

旅の帰りに、温泉とお食事など、いかがでしょうか。

↓↓↓公式HPや紹介動画はこちら。最新のキャンペーンやイベント情報も。

平尾温泉『みはらしの湯』

 

スポンサーリンク

あなたにお勧めの記事