スキー場、心配すぎるコロナウィルスさんの影響…。残りのシーズンどうなるの!?

こんにちは。たんさんです。

今日は3月2日(月)。AM5:30現在の天気は曇り、気温は0℃、はっきりしないような曇り天気な軽井沢です。

今回は、

スキー場、心配すぎるコロナウィルスさんの影響…。残りのシーズンどうなるの!?

をお伝えしたいと思います。

スポンサーリンク

コロナさんの影響・・・

皆さん、コロナウィルスの影響はかなり受けているのではないかと思います。

もちろん罹患した方、不幸にも亡くなられた方、そのご家族や周辺の方には心からお見舞い申し上げます。

わたくしめも一般的な影響ですが、、、、通勤やオフィス、訪問先で人と会うお仕事ですので、一部在宅勤務などて対応をさせて戴いております。

感染リスクを考えると、満員電車はかなり心配ですが、そこまでではなくとも新幹線も30分くらいはドアも開かない閉鎖空間だったりもしますので、心配ではあります。

ある春雪の日も軽井沢駅へ。~新幹線通勤のメリット・デメリット~

そして、大型イベントなどはことごとく中止や延期、千葉のねずみーランドをはじめ、レジャー施設も一時休業を余儀なくされています。

スキー場については、イベントの中止、検定の中止、など人が密集するようなものが中止になっているかと思います。

ファーストトラック営業の中止なんてのもありました。

ただ、スキー場に関しては、今シーズンの雪不足でもう営業をしない、、、というのは聞きますが、直接、コロナウィルスの影響だけで休業という話は今のところなさそうですね。

それでもレストハウスのなか、ロープウェイやゴンドラのなか、お手洗いなどは人がある程度密集したり、感染源となり得るようですから『本当に大丈夫かなぁ??』と思ってしまいます。

スキー場の対策

それでもスキー場それぞれ、感染症対策・予防に努めて戴いているようですね。
いくつか調べてみました↓

Aスキー場

国土交通省関東運輸局の指導により、従業員の健康及び衛生管理を再確認し、感染予防に努めてまいります。
また、当面の間、従業員がマスクを着用して勤務させていただいておりますのでご了承ください。

Bスキー場

新型コロナウイルスの感染が拡大し、収束の見込みが立たない状況と報道されております。
発熱や呼吸器症状により体調不良の方は、速やかにお申し出ください。
また、当ホテル・スキー場では感染予防と拡大防止の為、当面の間、従業員がマスクを着用して勤務させていただいております。

Cスキー場

新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、厚生労働省新型コロナウイルス感染症専門家会議などの見解に基づき、以下のような対策をとり皆様が安全で安心してご利用になれるよう努めてまいります。
ー皆様へのお願い
発熱・せきなどの症状がある方は、症状が治まるまでご来場を控えていただきますようお願い申し上げます。
また、感染症の予防には「手洗い」「うがい」の励行と規則正しい生活(食事・睡眠)が大切です。皆様におかれましてもご自身の体調管理に十分お気をつけのうえ、ご来場くださいませ。
ースタッフの行動確認
●スタッフは出勤時に体調管理の確認を行っています。
●スタッフは毎時必ず手洗いを実施します。
●ご来場者の皆様用に施設各所に消毒液を設置し、スタッフも定期的に使用します。
●お客様が直接手の触れる箇所は、定期的に館内を巡回して殺菌消毒します。
●スタッフは業務中マスクを着用する場合がございます。

スポンサーリンク



残りのシーズンどうするの!?!?!?

さて、それでは残りのシーズンどうしたものか?

5月の終わり(かぐらスキー場営業終了)まで、まだわたくしめの今シーズンは3か月近くあります。。。

スキー場は対策をしながら営業しているので、応戦してあげたい気持ちは大いにある!!

もちろん単純にすべりたいっ!!!

でも、やっぱりコロナウィルス心配だし、自分が発症しなくても(健康に見えても)、知らずのうちにウィルスを広めてしまう大いに可能性もある。

迷いますね・・・

が、いちおう対策しながらスキー場へ行く場合の行動を考えてみました。(あくまで当ブログ私案です)

<感染症を鑑みたスキー行動指針(案)>
  • レストハウスには立ち寄らず、食事はマイカー内に持参したもので済ます。(基本的な感染症対策)
  • 原則として、ロープウェイやゴンドラは利用しない。(密閉空間避ける)
  • 4人乗りリフトでなく、2人乗りリフト(⇒結果一人や身内だけで乗ることが多い)を利用する。(密閉空間避ける)
  • フード付きのリフトは避ける。(密閉空間避ける)
  • 除菌用ウェットティッシュを持ち歩き利用する。(手洗いが不可能な場合の代替)
  • 乾燥対策として、飲み物を持ち歩き、喉を潤す。(基本的な感染症対策)
  • 乾燥対策として、のど飴を持ち歩き、喉を潤す。(基本的な感染症対策)
  • 手洗い用の水をマイカーに用意し都度利用する。(基本的な感染症対策)

ん~、書いてはみたものの、、、、結論どうしようか迷ってますね。。。

やっぱり自粛したほうが良いのでしょうか???

取り敢えずブログについては、少しでも雪を感じられるよう!!、以前に滑ったものや、諸情報など綴って参りたいと思います。

でも、ほんとに、ゲレンデ行きはどうしようかな・・・・(´・ω・`)

動画はリリースしてますょ

動画については、撮り溜めした分もたくさんありますので、どんどんリリースしていきますよっ!!

↓↓↓是非、こちらどうぞ!!

 

スポンサーリンク



あなたにお勧めの記事



にほんブログ村 スキースノボーブログへ